MENU

集客のポイント

放課後等デイサービスを経営するうえで重要となる集客のポイントについて説明します。コンセプトや支援内容がどんなに優れていても、集客が図られなければ黒字経営することは難しくなります。

放デイの集客は
経営に直結する

放課後等デイサービスを起業するまでは、事前の準備や指定申請など乗り越えなければならないハードルがいくつもあります。

しかし、苦労して開業までこぎつけても人が集まらなければ経営が成り立たなくなります。

現在、放課後デイは増加傾向にあり競合状態にあります。施設ごとの集客は経営に直結する大きな悩みといえるでしょう。

放デイ集客のポイント

支援内容の差別化

放デイへの通所を検討している保護者が、事業所選定で迷ってしまう最大の理由は「どこも同じに見えるから」でしょう。

そのため、料金などのコスト面だけでなく、独自性のある質の高いサービス内容を目玉にして保護者に訴求することが大切です。

質の高い人材を採用し、質の高いプログラムを提供すれば、利用者の満足度も高まります。

最近では療育を重視するものだけではなく、学習や運動、将来の就業につながる職業体験などをプログラムに盛り込んでいる放課後デイも少なくありません。

日常生活訓練に加えて子どもの思考力や感性を養う支援は魅力的なプログラムとなります。

送迎サービスの提供

放デイへの継続通所を可能とする重要なポイントの1つに送迎サービスがあります。

共働きや一人親の世帯も少なくないため、事業所への送迎は大きな負担。送迎がないことで通所をあきらめてしまうケースも。

ワゴン車やミニバスなどで送迎サービスを行うことにより、他社との差別化を図ることが可能です。

定期的なイベントの開催

定期的なイベントの開催も放デイの集客率を上げるために有効です。

障がいを抱える子どもたちは、大勢の人が参加するイベントに参加しづらいため、集団生活や地域社会と接点を持ちにくい傾向がみられます。

夏祭りやキャンプ、クリスマス会など子どもの参加意欲が湧くレクレーションを企画するといいでしょう。

イベントに参加することで、子どもに地域社会の一員としての自覚や実感が得られ、保護者の満足度も高くなります。

また、セミナーや勉強会など、保護者向けのイベントを企画することで、保護者が施設自体に対する安心感を得ることもできるでしょう。

自社の強みを伝えられる広告

差別化を図った充実したサービスを提供していても、放デイを探している保護者の目に留まらなければ集客は見込めません。

従前であればチラシのポスティングや新聞折込、訪問営業といった広告手法が主流でしたが、現在ではインターネットで情報収集、比較検討する人も多くなっています。そのため、充実した魅力的なホームページを作成することが大切。

数多くの放課後デイを1分ほどで見比べる傾向が高いことから、自社の魅力や強みなどのアピールポイントはTOPページの最も目立つ場所に記載することが重要です。

また、ページデザインやキャッチコピーなどで閲覧者の印象に残る工夫も必要であるといえるでしょう。

ページデザインやコンテンツの充実に不安がある場合は、プロのサポートに頼ることもひとつの方法です。

吉川先生
監修・解説
LIM行政書士事務所
吉川彰太郎 先生
保護者や子どもたち、相談支援事業所などがどのような悩みを抱えていて、それを自社がどう解決できるか?に焦点を当てて支援に取り組むことが大切です。
適切な支援を実施できれば着実に利用者を増やしていくことが期待できます。集客を焦るあまりになんでも言うことを聞いて振り回されてもいけないですが、自社の運営方針に過剰にこだわりすぎてもいけません。
運営の基軸は守りながら柔軟な対応を心掛け、利用者や地域特性を踏まえながら少しずつ運営方針を調整していくことが大切です。
保護者や子どもたち、相談支援事業所などがどのような悩みを抱えていて、それを自社がどう解決できるか?に焦点を当てて支援に取り組むことが大切です。
適切な支援を実施できれば着実に利用者を増やしていくことが期待できます。集客を焦るあまりになんでも言うことを聞いて振り回されてもいけないですが、自社の運営方針に過剰にこだわりすぎてもいけません。
運営の基軸は守りながら柔軟な対応を心掛け、利用者や地域特性を踏まえながら少しずつ運営方針を調整していくことが大切です。
Profile

障害者福祉関連の事業者様の運営、経営支援を中心に活動する行政書士。複数の放デイで2年半管理者・指導員として事業立ち上げや管理、支援業務に関った経験を持つ。

「特色別」で選ぶ!
おすすめの放デイ本部3選
収益性
開業初心者向け
こぱんはうすさくら
こぱんはうすさくら公式HPのキャプチャ

引用元:こぱんはうすさくら
https://copain-sakura.com/

加盟金
A/0円・B/275万円(税込)
ロイヤリティ
A/8%(税込)・B/5%(税込)
教室数
140

※こぱんはうすさくらにはA/Bと、2つのプランが用意されています。

ブランド力
児童福祉に意欲的な人向け
こどもプラス
こどもプラス公式HPのキャプチャ

引用元:こどもプラス
https://jc-fc.com/

加盟金
330万円(税込)
ロイヤリティ
11%(税込)
教室数
180
サポートスキル
FCを学びたい人向け
ATカンパニー
ATカンパニー公式HPのキャプチャ

引用元:ATカンパニー
https://www.a-t-company.jp/excellent/dayservice/

加盟金
記載なし
ロイヤリティ
記載なし
教室数
95

※放課後等デイサービスフランチャイズ本部のうち、加盟教室数が多かったTOP3社を選定。