MENU

Granny

Grannyキャプチャ画像引用元:株式会社Granny(http://granny.co.jp/)

Grannyはどんな放課後等デイサービスか

小規模だからこそできる活動

外出先でも安心できる

Grannyのサービス提供は定員が5名までとなっており、マンツーマンに近い状態でのサービスを行っています。そしてこのマンツーマン体制によって可能になっているのが、課外活動です。重症心身障害児は外出が困難になる部分もありますが、課外活動によって外出することで、外の新たな刺激を感じられます。また専門性の高いスタッフによるマンツーマン体制を受けられるので、外出先でもリハビリを取り入れることが可能に。ただ外出するだけではなく屋内ではなかなかできないプログラムも行なえるのです。

専門的な療育を可能に

全員が育つ環境を

Grannyの療育は、看護師・保育士の配置義務があるからこそ可能になっています。看護師・保育士が児童発達支援管理責任者と連携することで、子ども一人ひとり、それぞれの支援計画を作成。目標の確認・直接支援・支援の評価をスタッフ全員で徹底しています。
また、Grannyではリハビリをすることで子どもはもちろん、スタッフの可能性も広げています。Grannyでは日々、リハビリを理学療法士の指導のもとスタッフが担当しており、リハビリを進めていくうちに子どもの可動領域が少しだけ広がったり、ポジショニングが良くなったりすることで、良い影響を実感しているそう。焦らず地道に子どもの可能性を広げているだけでなく、スタッフのやりがいや技術にもつながっています。

Grannyの事業理念・運営方針

安心できる場所づくりを

社会インフラを創造し、誰もが「前のめり」に地域社会へ参加できる環境を作ってそこに携わる従事者の幸せや生活の向上を実現したいと考えているGranny。この経営方針をもとに、真に必要な支援安心できる場所で提供することを重要視しています。専門的なケアで重症心身障害児たちの可能性を広げるとともに、孤立しやすい保護者の不安や心配事にはGrannyが心のよりどころになって親身に対応。保護者の負担を少なくすることで、家族の休息の場というポジションも担っているのです。

送迎のある・なし

送迎あり

福祉車両による送迎が可能です。希望すれば学校から施設への送迎だけでなく、施設からご自宅への送迎も可能です。
詳しくは、公式サイトからのお問い合わせか、電話までお問い合わせください。

Grannyのフランチャイズについて

ロイヤリティなど

Grannyのフランチャイズの特色

小規模&低資金で開業可能

Grannyでは、通常の福祉施設と比べて児童の定員が5名と小規模なので、福祉施設もそこまで大きくなくても良く、低資金での開業が可能です。
またサービス提供の時間帯が短いこともGrannyの特長です。14~17時がメインのサービス提供時間なので、短時間勤務を望む看護師や保育士が採用しやすいのが特徴。人件費も抑えられ、従業員探しもある程度楽になります。

Granny利用者の口コミ・評判

口コミは見当たりませんでした。

Grannyの基礎情報

所在地 群馬県前橋市田口町143-1(本社)
電話番号 027-230-1131
電話受付時間 10:00~18:00(土日・祝除く)
定休日 要問合せ
「特色別」で選ぶ!
おすすめの放デイ本部3選
収益性
開業初心者向け
こぱんはうすさくら
こぱんはうすさくら公式HPのキャプチャ

引用元:こぱんはうすさくら
https://copain-sakura.com/

加盟金
A/0円・B/275万円(税込)
ロイヤリティ
A/8%(税込)・B/5%(税込)
教室数
140

※こぱんはうすさくらにはA/Bと、2つのプランが用意されています。

ブランド力
児童福祉に意欲的な人向け
こどもプラス
こどもプラス公式HPのキャプチャ

引用元:こどもプラス
https://jc-fc.com/

加盟金
330万円(税込)
ロイヤリティ
11%(税込)
教室数
180
サポートスキル
FCを学びたい人向け
ATカンパニー
ATカンパニー公式HPのキャプチャ

引用元:ATカンパニー
https://www.a-t-company.jp/excellent/dayservice/

加盟金
記載なし
ロイヤリティ
記載なし
教室数
95

※放課後等デイサービスフランチャイズ本部のうち、加盟教室数が多かったTOP3社を選定。