MENU

放課後等デイサービス開業検討中のあなたへ
ココならより経営が上手くいく⁈

障がい児の増加に療育施設の数が追いついていない

年々、障害児サービスの利用児童数が増加傾向にある中、放課後等デイサービスも各地域で多く開業されるようになりました。それでもなお、需要に対して施設数が足りていないのが現状です。ここでは、厚生労働省発表の「児童1000人あたりの放課後等デイサービス事業所数」のデータから、事業所数が児童1000人に対して1.0以下、つまり事業所数が特に足りていない都道府県をピックアップしています。

※2022年2月調査時点

秋田県の放課後等デイサービスの現状や、開業するために必要な手続きや書類、助成金などについてまとめています。秋田県で放課後等デイサービス開業を考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

山形県の放課後等デイサービスの現状や、開業するために必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。山形県での放課後等デイサービスの開業に興味がある方は必見です。

福島県の放課後等デイサービスの現状や、開業によって申請できる助成金対象経費や交付額、必要書類などについてまとめています。福島県で放課後等デイサービスの開業を検討している方は、ページを覗いてみてください。

埼玉県の放課後等デイサービスの現状を解説。開業にあたり必要になる手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。放課後等デイサービスを開業するなら、埼玉県も視野に入れてみてくださいね。

東京都で放課後等デイサービス事業を展開しようと考えている方必見のページです!東京都の放課後等デイサービスの現状や、開業するために必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。

神奈川県の放課後等デイサービスの事業所数が足りていないこと、該当エリアで開業するために必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。神奈川で放課後等デイサービスを検討している方は要チェックです。

新潟県の放課後等デイサービスの現状や、開業するために必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。新潟で放課後等デイサービスビジネスを検討している方は要チェックです。

ここでは石川県の放課後等デイサービスが抱える課題を解説。さらに、開業に際して必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。石川県で放課後等デイサービスの開業を考えている方、興味を持っている方はぜひチェックしてみてください。

長野県の放課後等デイサービスの現状や、開業するために必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。長野で放課後等デイサービスの開業を検討している方は要チェックです。

滋賀県では放課後等デイサービスが足りていません。この現状や、開業に必要な諸々の情報についてまとめています。滋賀県で新しいビジネスを検討しているなら、放課後等デイサービスがおすすめ。まずはページを参照して、基本的な知識をつけましょう。

鳥取県の放課後等デイサービスの現状や、開業するために必要な手続きや書類、助成金対象経費や交付額などについてまとめています。鳥取でフランチャイズを検討している方は要チェックです。

香川県で放課後等デイサービスを開業する際に必要な情報をまとめています。香川県で放課後等デイサービス開業を考えている方、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

広島県で放課後等デイサービスを提供している施設を検索すると、幼稚園や保育園に通う前の慣らし通所やサッカー療育を実施しているところもあるようです。ここでは、広島県の放課後等デイサービスの現状や助成金、開業の許可を得るために必要な書類についてまとめています。広島県で開業を検討されている方は参考にしてください。

福岡県で放課後等デイサービス利用者数は、平成26年度0.3、令和元年度1.35。平成26年度は全国平均より少なかったのですが、令和元年になると全国平均より増えています。ここでは、福岡県の放課後等デイサービスの現状や助成金制度、開業をするために必要な書類についてまとめていますので、福岡県で開業を検討されている方は参考にしてください。

大阪府で児童福祉法による障がい児通所支援の指定を取得した事業所(センターを除く)は624。児童1000人当たりの放課後等デイサービス事業所数は、令和元年度においては全国で6番目です。必要としている人が他の県よりも多いということでしょう。放課後等デイサービスへの助成金制度や開業に必要な費用についてまとめています。大阪府で開業を検討されている方は参考にしてください。

長崎県における児童1000人あたりの放課後等デイサービス事業者数は、平成26年度0.68、令和元年は1.68。2倍以上に増加しています。長崎県独自の「創業支援金」を利用できる可能性も。ここでは、長崎県の放課後等デイサービスの現状や助成金制度、開業に必要な書類についてまとめました。長崎県で開業を検討されている方は参考にしてください。

児童1000人あたりの放課後等デイサービス事業所数は、平成26年は全国平均が0.43/北海道は0.85、令和元年は全国平均1.19/北海道1.93でした。平成26年も令和元年も全国平均より上ですが、全国平均と同様に2倍以上の伸びを見せています。ここでは、北海道の療育の現状や開業に必要な手続き、放課後等デイサービス事業で利用可能な助成金制度についてまとめました。北海道で開業を検討されている方は参考にしてください。

兵庫県では児童1000人あたりの放課後等デイサービス事業者数は、令和元年で1.28でした。平成26年の0.35から大幅に増加しています。全国平均は、平成26年が0.43、令和元年が1.19。平成26年は全国平均より少なかったものの、令和元年では全国平均を上回っています。ここでは、兵庫県の療育の現状や開業に必要な手続き、放課後等デイサービス事業で利用可能な助成金制度についてまとめました。兵庫県で開業を検討されている方は参考にしてください。

岩手県の令和元年度「児童1000人当たりの放課後等デイサービス事業所数」は1.06で、平成26年度と比べると倍以上増えているものの、全国平均の1.19を下回っています。ここでは岩手県の療育の現状や放課後等デイサービスの助成金制度、開業する際に必要なものについてまとめました。

宮城県の「児童1000人当たりの放課後等デイサービス事業所数」は令和元年度で0.59となっており、全国平均の1.19を大きく下回っています。まだまだ宮城県の放課後等デイサービス事業所数は十分とは言えません。ここでは宮城県で放課後等デイサービスを開業するにあたって知っておきたい知識をまとめましたので、参考にしてみてください。

「児童1000人当たりの放課後等デイサービス事業所数」の全国平均が1.19なのに対し、茨城県は1.20とわずかですが上回っています。また平成26年度と比べると、3倍以上の伸び率です。茨城県の療育の現状や、放課後等デイサービス開業にあたって知っておきたい内容をまとめましたので、ぜひご覧ください。

鹿児島県の児童発達支援事業所数は、令和元年時点で児童1000人当たりに換算して全国で3位の充実ぶりです。療育への高い意識が感じられます。鹿児島県で放課後等デイサービスの開業をする場合は、ニーズがあるエリアを見つける市場調査が鍵になりそうです。鹿児島県の療育の現状、開業のために必要な手続き、助成金などについてまとめました。ぜひチェックしてください。

宮城県の児童1000人当たりの児童発達支援事業所数は、平成26年度は全国平均より多かったものの、令和元年では全国平均を下回っています。全国の伸び幅に追い付いていない状況です。不足しているエリアを慎重に選定することが開業のポイントと言えるでしょう。宮崎県の療育の現状、開業のために必要な手続き、助成金などについてまとめましたので、チェックしてください。

山梨県の児童1000人当たりの児童発達支援事業所数は、平成26年度と令和元年度において、全国平均を下回っています。ニーズに対して放課後等デイサービスが不足していると予想できるため、市場調査を徹底することで安定した運営ができる可能性があるでしょう。山梨県の療育の現状、開業のために必要な手続き、助成金などについてまとめました。

「特色別」で選ぶ!
おすすめの放デイ本部3選
収益性
開業初心者向け
こぱんはうすさくら
こぱんはうすさくら公式HPのキャプチャ

引用元:こぱんはうすさくら
https://copain-sakura.com/

加盟金
A/0円・B/275万円(税込)
ロイヤリティ
A/8%(税込)・B/5%(税込)
教室数
140

※こぱんはうすさくらにはA/Bと、2つのプランが用意されています。

ブランド力
児童福祉に意欲的な人向け
こどもプラス
こどもプラス公式HPのキャプチャ

引用元:こどもプラス
https://jc-fc.com/

加盟金
330万円(税込)
ロイヤリティ
11%(税込)
教室数
180
サポートスキル
FCを学びたい人向け
ATカンパニー
ATカンパニー公式HPのキャプチャ

引用元:ATカンパニー
https://www.a-t-company.jp/excellent/dayservice/

加盟金
記載なし
ロイヤリティ
記載なし
教室数
95

※放課後等デイサービスフランチャイズ本部のうち、加盟教室数が多かったTOP3社を選定。