MENU

岩手県で放課後等デイサービスをフランチャイズ開業する

ここでは、岩手県における療育の現状をリサーチし、放課後等デイサービスのフランチャイズ開業について解説します。開業に必要なものや、助成金などについてもまとめましたので、岩手県で放課後等デイサービスのフランチャイズ開業を検討している方は参考にしてみてください。

岩手県の療育の現状

放課後等デイサービスは、平成24年に改正された児童福祉法において創設されました。障害児サービスの利用児童数は年々増加傾向にあり、平成26年度から令和元年にかけては、事業所数が数倍に増えている地域もあります。全国の「児童1000人当たりの放課後等デイサービス事業所数」の平均は1.19です。一方岩手県は平成26年度が0.45だったものの、令和元年度には倍以上の1.06に増えていますが、わずかに全国平均を下回る事業所数となっています※1。まだまだ療育を必要としている人はたくさんいますから、今後も放課後等デイサービスを含めた福祉事業は高い需要があると言えるでしょう。

岩手県の放課後等デイサービスへの助成金

雇用関係助成金の一部である「人材確保等支援助成金」や「キャリアアップ助成金」などは、放課後等デイサービス事業者が活用できる助成金です。「人材確保等支援助成金」(雇用管理制度助成コース)を活用する場合、57万円の助成金が受け取れます※2。また、従業員のキャリアアップを促進した事業主を対象としたキャリアアップ助成金の助成額は3段階に分かれており、28万5千円〜57万円が助成されます※3。助成金を活用すれば、放課後等デイサービス事業を行う上での負担が軽減されますので、積極的に活用してみてください。また、これらの助成金以外にも、申請期間が限られた補助金の募集を行っていることもありますので、まずは自治体に活用できる助成金・補助金がないか問い合わせてみましょう。

岩手県で放課後等デイサービスを開業するのに必要なもの

岩手県で放課後等デイサービスを含む指定障害福祉サービス事業所を開業するためには、県に対して指定申請を行い、指定を受ける必要があります。事業所が所在する広域振興局保健福祉環境部(盛岡・県南・沿岸・県北)もしくは沿岸・県北の保健福祉環境センター(大船渡・宮古・二戸)が担当です。県は申請書を提出する前に、まず各所轄の担当者と事前協議を行うように勧めています※4。まずは各所轄に問い合わせて、協議の日程を調整しましょう。申請に関する詳細の質問等は、岩手県庁 保健福祉部 障がい保健福祉課 障がい福祉担当にお問い合わせください。

岩手県で放課後等デイサービスをFC開業する

岩手県で放課後等デイサービス事業を始めるためには、事前協議や指定を受けるための申請などが必要になるため、個人で始めようとするとかなりの時間と労力がかかってしまいます。また、事業所を開設しても、すぐに軌道に乗るとは限らず、運営に不安が残ります。しかし、フランチャイズでの開業なら、本部が持つノウハウを学べる上、開業までのサポートも得られます。こちらのサイトでは安定した放課後等デイサービスの開業ができるフランチャイズ本部を3社厳選し、ご紹介しています。フランチャイズ開業に興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてみてください。

「特色別」で選ぶ!
おすすめの放デイ本部3選
収益性
開業初心者向け
こぱんはうすさくら
こぱんはうすさくら公式HPのキャプチャ

引用元:こぱんはうすさくら
https://copain-sakura.com/

加盟金
A/0円・B/275万円(税込)
ロイヤリティ
A/8%(税込)・B/5%(税込)
教室数
140

※こぱんはうすさくらにはA/Bと、2つのプランが用意されています。

ブランド力
児童福祉に意欲的な人向け
こどもプラス
こどもプラス公式HPのキャプチャ

引用元:こどもプラス
https://jc-fc.com/

加盟金
330万円(税込)
ロイヤリティ
11%(税込)
教室数
180
サポートスキル
FCを学びたい人向け
ATカンパニー
ATカンパニー公式HPのキャプチャ

引用元:ATカンパニー
https://www.a-t-company.jp/excellent/dayservice/

加盟金
記載なし
ロイヤリティ
記載なし
教室数
95

※放課後等デイサービスフランチャイズ本部のうち、加盟教室数が多かったTOP3社を選定。